Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

夏米旅2009 day09

今日は朝から気温が高いです!
もうすっかり顔までも黒くなってしまいました・・・。
今日はダウンタウンで作品の資料用の写真を撮りに行きました。


最初に向かったのはダウンタウンの中でも文教地区でとても美しい建物が立ち並ぶ場所です。
ここには海外テレビドラマのシャークでもたびたび登場するロサンゼルス市の市役所もあり、そのふもとのリトル東京は地元の日本好きのみなさんにも人気のスポットです。


ダウンタウンにはいくつかの問屋街があり、その中でも人気なのがファッション地区です。
小さな店がものすごい数集まっていてメルローズで販売しているものもここではかなり安く手に入れることができます。ただしディスプレイやきれいに商品を見せようという努力はほとんどしていないので目が慣れるまでは気に入った商品を探すのが難しいかもしれません。


金融街のあたりは高層ビルがその高さとデザインを競いあっていますが、これらのビルはプライベートプロパティ(私有地)ということで近景を撮るときには許可を必要とすることもあります。今回も一度注意されましたぁ・・・。でも撮りましたが・・・。


本当に暑かったので何度かコーヒーショップに入りました。
でもこちらの室内はまるで冷蔵庫のように冷やすの外との気温差で体がだるくなります。
なんでこんなに冷やすんだろう?こりゃアメリカは京都議定書に絶対サインできないわけですよね?


その休憩の時間は絶好のスケッチの時間にもなります。
今回はダイレクトでキャラクター的なスケッチにすることにしました。


夕飯の時間になりました。
今日は一緒に歩いていたアプレンティスが日本食を食べたいということでしたので
自分では絶対に行かない日本食の店へ・・・。
せっかくなのでSnowRollというものを食べてみました。
内容的には白身魚にアボカドとクリームチーズ、そしてとびっ子です。
う~~~む。クリームチーズがまったりとこの巻き寿司を台無しにしてくれます・・・。
しかもこのソースは・・・あ、あまい・・・。
見た目にはとても美しくうまそうなのですが、たぶんこれが最初で最後のトライでしょう・・・。


本日の最後には先日マイケルジャクソンの葬儀(慰霊祭)が行われたステープルセンター、そしてその隣にできた巨大施設の「L.A. Live」へ行ってみました。
わたしが始めてロサンゼルスを訪れたときには超危険地域に指定されていた場所なのですが今では夜遅くまで大変多くの方がこのエリアで歓談しています。


以前はメルローズ、サンセット、ロデオが観光・ショッピング・飲食でにぎわっていた場所ですが、最近はダウンタウンにどんどん新しい商業施設が建ってきています。中でもこの「L.A. Live」はまだその1/4しか出来上がっていないので、すべてができると本当に街の人の流れが変わるのかもしれませんね。

明日は週末ですのでベニスビーチのアートウォークを見に行こうと思っています。
それではまた明日!!


夏米旅2009 day08

今日は夜にスケッチブックセッションがあるので、比較的近いエリアで行動することにしました。
10時過ぎにギャラリー1998へ行き、Cult4Crazyを観ました。

今年の作品はクリスタルバーニッシュを使って仕上げした作品が多く、やはりアメリカではツルツルピカピカの作品が人気なんだなぁと感じました。
また、作風はシュレアリズムの中にもファニールックなものが多く、昨年までの流れと少し変わってきているのかもしれないなぁとも思いました。

G1988の後には少しメルローズを歩き、途中から住宅街を抜けてビバリーにあるブリックアートへ。ここへ行くとついつい長い時間過ごしてしまいます。そして大量に画材を買い込み・・・。
今年もバッグを買わなければならないのだろうか・・・。

そして、今日は一枚も写真を撮っていない日でした。なので本日描いたドゥードゥルを数枚アップすることにしました。








明日はダウンタウンを散策する予定です。
それではまた明日!


夏米旅2009 day07

今回の旅も今日で1週間が過ぎました。
最初はサンディエゴのコミコンでしたので町並みを見て歩いたりスケッチをしたりすることは少なかったのですが、ロサンゼルスに移動してやっと少し余裕が出てきました。


今日は朝からグランデールにあるNepPetsを訪問しました。
NeoPetsには以前も行きましたが、今回は仕事の内容や各種のテクニックなど細かな部分まで話を聞くことができ、最終的にシステムと作画の連動までもプレビューしてもらうことができました。残念ながらスタジオ内は完全撮影禁止なので、その入り口さえも紹介できませんが、本当にみなさん楽しそうに仕事をしており、会社の同僚というだけではなく本当に良い友人たちが集まっているという雰囲気がとてもうらやましく感じました。

その友人たちとグランデールの中心街にあるレストランで昼食を楽しむことにしました。本当ににぎやかで笑いが絶えない素敵な時間でした。



NeoPetsを後にして、パサデナの街を少し歩きました。残念ながらあまり時間が無かったので少ししか写真を撮る余裕がありませんでしたがやはりいつ来ても素敵な町並みです。


パサデナの街を足早に過ぎ、アルハンブラの街へやってきました。ここにはKazuKibuishiのFlightComicStudioがあります。このスタジオではFlightの作家が自由に快適に過ごせるようにいろいろな工夫がされています。中でもソファーセットの一角はとてもゆったりと過ごせます。


こんなスタジオをいつか持ってみたいものです。
同行したほかの方々もあまりにもカッコ良いので驚いていたようです。

今回はほとんど引率のような感じだったので自分の聞きたかったことなどはほとんど聞くことができませんでした・・・でも帰り時間が近づいたときにKazuが話をしてきてくれたので、とりあえず聞きたかったことは何とか聞くことができました。


ついでにKazuの席でなんちゃってFlightComicクルーをやってみました。
このなんちゃってシリーズ。けっこういろいろなスタジオでやっています・・・。

明日はダウンタウンにて写真を撮ったりスケッチしたり、図書館へ行こうかと思っています。
それではまた明日!



夏米旅2009 day06


はい。本日ももちろんピーカンです!
日差しが強すぎて、日向を歩いていると日差しの重ささえも感じるほどです。

朝の一発目に訪れたのはこの春に「LA MYTH」を開催したMeltdown Comicです。このお店はロサンゼルス(カリフォルニア)でとても人気のあるコミックストアで、特にコミックアートやローブロー系のアーティストたちに絶大な人気があります。


この店に私のスケッチブック「WAO」を置かせてもらっています。今回もWAO5を置かせてもらうことになりました。また、今回同行している私のスタジオのアプレンティス(見習い)のスケッチブックも一緒に置いてもらえる事になり、レジ前の一角がPaintMonsterArtStudioコーナーになりました!!
なお、アプレンティスのスケッチブックも帰国後にPaintMonsterArtShopで販売を開始します。お楽しみに!!

店を出た後にはバスに乗りLACMAへ移動。
LACMAはロサンゼルスで一番大きな美術館で、ハリウッドエリアにあるのでよく行く美術館です。ここにはピカソをはじめマティスやリヒテンシュタイン、アンディウォーホールなどのよく名前を聞くアーティストの作品が所蔵されています。


一日で隈なく見るのは無理なのでダイジェスト的にアートを鑑賞することにしました。
私は古代エジプトやイランの美術出土品が大好きなのでその部分を集中的に見ることにしています。何度見ても飽きないですねぇ。レプリカでいいのでいくつか欲しいものです。

今日の昼食はLACMAのカフェにてピザを食べました。日本のこういう施設にある飲食コーナーは値段が高いのにおいしくないものが多いようですが、こちらは本格的です。石釜で焼き上げたピザはあっという間にホールで食べてしまいました・・・。

LACMAを楽しんだ後にはTheGroveへ。
ここはきれいに整備されたオープンモールで、地元でも人気のスポットです。
少しの時間でしたが書店でアート系の本の立ち読み・・・本はいくら持っていても新たに欲しくなってしまいますよね・・・。

明日はグランデールのNeoPetsスタジオとアルハンブラのFlightComicスタジオを訪問します。
どちらも知り合いが多いのでとても楽しみです。
それではまた明日!!



夏米旅2009 day05

ロサンゼルスも快晴です。
日差しが痛いくらいで日陰を選んで歩かなければすぐにものすごい日焼けをしてしまいます。

今日はすこしゆっくり目スタートでしたが、昼過ぎにはLa Luz de Jesus Galleryへ行きました。
ここは西海岸のローブローアートの総本山と言っても過言ではないローブロー系のアーティストにとっては特別の場所です。
その訳はというと、ここのオーナーであるBilly Shiresがローブローアートの父とも言われるほどカリスマ的存在で、彼に認められるとこの世界で成功するとまで言われるほどです。
なので私もとても緊張してこのギャラリーを訪問しました。
店の一番奥の勝手口横に彼の席があります。
スケッチブックを手渡し簡単な感想を聞くことができました。

記念撮影を撮らせてもらいましたが、緊張で顔が引きつっています。
フラッシュはアレルギーだから禁止だぜ!と言われ細心の注意で2ショットほど撮らせてもらいました。
このギャラリーは本屋(雑貨)屋さんと直結していて、あらゆる種類のローブローアートを楽しむことができます。私も数冊の本を購入しました!

バスに乗りダウンタウンへ移動。
図書館で子供向けの絵本コーナーで少しすごすことにしました。

ダウンタウンは高層の建物も多いのですが石造りの古い建物も多く、写真を撮ったりスケッチを楽しんだりするには最適の場所です。後日また日を改めて訪問したいと思っています。

夕食はユニバーサルシティウォークにあるハードロックカフェへ行くことにしました。
ユニバーサルシティウォークは飲食店やカジュアルブランドショップなどが集合している街で連日多くの観光客らでにぎわっている場所です。

中でもハードロックカフェは世界各地で展開している大資本のカフェですが、ここシティウォークのハードロックカフェは雰囲気満点!客の盛り上がりも最高潮です。

ここでオーダーしたものはナチョスなど大皿を3つ。5人でシェアしてもお腹いっぱいでした。
少しアルコールも入ったこともあり帰りも大盛り上がり。
たまに若い人たちとこういう店へいくのもいいもんだぁ・・・と思いつつも自分が歳をとったことに気がつきました・・・。

ハードロックカフェにはオフィシャルで販売しているピンズがあります。
このピンズはそれぞれの支店でしか買えないデザインのものもあるので
旅行先では必ずハードロックカフェを見つけてピンズを買いに行くというのも旅の楽しみの一つです。今回はサンディエゴに2店舗、ロサンゼルスでは数店舗あるのでいった先で見つけたらまた1つコレクションが増えそうです。

明日はニコロデオンアニメーション系のウェブ(オンライン)コンテンツ部門のneopets社、そしてアルハンブラのFrightComicStudioを訪問します。どちらも地元で人気の企業なのでとても楽しみです。それではまた明日!



夏米旅2009 day04

いよいよ本日がコミコンの最終日です。
今回は今まで出一番混んでいたような気がします。
というのも昨年は同伴者にゲストパスを出すことができましたが、今年は事前の申し込みなしでは入場すらできない状態です。もちろんゲストパスも同様に事前登録が無い場合には当日申請を一切受け付けていません。なので、今年、シェアメイトだったMikeをゲストにしようとしたのですがだめでした・・・。
最終日の今日はいろいろなゲストが会場入りしていました。
特にTVドラマの俳優はずいぶん来ていたようで、最初はミスタースポックことレナードニモイに会うことができました。握手はしましたが同伴者が居なかったので写真は撮れませんでした。あぁ残念・・・。

つぎにバトルスターギャラクチカのブースへ行くとアダマ提督のエドワード・ジェームズ・オルモスとソール大佐ことマイケル・ホーガン、さらにはガイアス・バルター役のジェームズ・キャリスもサイン会をしていました!おぉテレビの人だぁ!

本日の昼食はガスランプにあるDick'sでハーフパウンドのバーガーです。
え?毎日バーガージャン?あれ?そうでしたか?


会場の外は?というとこのようなカーニバルが行われています。

このハンマーたたきは鐘を鳴らすとチケットがもらえて商品か乗り物の券と引き換えができるようです。


午前中にコミコンを楽しみ、午後はアムトラックでロサンゼルスへ移動です。
今回のコミコンではスケッチブックのトレードはもちろんですが、新たな出会いもたくさんあり、収穫の多い年となりました。

明日からはロサンゼルスの様子をレポートしますね。
それではまた明日!


 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio