Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

マウスのベトベトを取る方法

普段の私の机です。メインのノートパソコンと、資料閲覧やファイル検索、Dropbox閲覧用のサブノートパソコン、そしてメールとLINEの送受信にタブレットです。

机に3つの機器が並ぶと、キーボードとマウスも3つになってしまいました。


マウスをしばらく使わないでいると、指で握る部分のラバーがベトベトになります。
理由はよくわかりませんが、どうやら手の油脂がゴム系の材質にはあまりよろしくないようです。

試しにラバー部分に10円玉をくっつけて振ってみましたが、
ピッチリくっついて離れないほどベトベトです。

そこで、インターネットで「マウス ベトベト 取る」で検索すると簡単にその除去方法が検索されました。
A)中性洗剤で拭くととれる。
B)市販の消毒液で拭くととれる。
C)方法は無いので買い換える。

C)は質問の意味を正確に答えていません。質問者はどのように除去するかを聞いているわけであって、これでは、諦めろと言うだけで、何の面白味もない答えです。

次にA)中性洗剤で拭くととれる。を試してみました。

結果は、ガセネタです!
拭いた一瞬は洗剤の活性度でツルツルしたように感じますが、水分が乾くと何も変わらずベトベト全開です!

気分を取り戻して、B)市販の消毒液で拭くととれる。を試してみました。


結果は、同じくガセネタです!
中性洗剤と全く同じで、拭いた一瞬は洗剤の活性度でツルツルしたように感じますが、アルコール成分が乾くと何も変わらずベトベト全開です!

…ということで、インターネットの情報は役に立ちません。
本当に答えた人たちは、この方法を試したんでしょうか?う~む信じられない結果です。

そこで、まずは、どこのご家庭にもある(デザインやってる人にはお馴染みの)ミツワのソルベントを試してみました。
最近はシール剥がしても知られている製品です。

結果は、ダメでした!
少しは取れたような気がしますが、どうもスッキリしません。

そこで、次にどこのご家庭にもあるアルコールランプに使用する燃料用アルコール(エタノール)を試してみました。

すると、今までには無い感触が!
おぉ~!スッキリ!すべすべが帰ってきました!
正確に言うと、せっかくの柔らかなラバー状のものが取り去られて、プラスチックな感じになります。
が、ベトベトは全く無くなり、すべすべ!
同じく10円玉をくっつけようとしましたが、もう絶対にくっつきません。
かなり気持ちいいんで、他のマウスもついでに掃除しちゃいました。

ということで、
Q「マウスのベトベトの取り方を教えて下さい」
A「燃料用アルコール(エタノール)で拭くとすべすべになります」
が正解です。

あ、言うまでもありませんが、このあとプラスチックが変化したり変形したりするかもしれないです。
もしも試す方は、ダメだったらC)買い換える、でもいいかぁぐらいのおおきな心でお試しください。



 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio