Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

春米旅2008-DAY04

今日はうす曇りですが比較的いい天気です。
バスを2本乗り継いでパールアートという画材店へ行くことにしました。


▲お店のショーウィンドでいい感じのスマイル君たちを発見。

まぁ、お天気がよく、ポカポカしているので写真でも撮りながら
ゆっくり行くことにしましょう。


▲看板や車のアドペイントはキュートなものが多いです。

パールアートは先日行ったブリックアートの4倍ぐらいある画材店です。
ココへ行った訳は、筆を買うためです。
価格はそれほど安くないのですが、種類が豊富で、
いつも愛用している筆のシリーズがいつもちゃんと揃っています。

だらだらと1時間以上店内をうろちょろしていると・・・
道路向こうの建物から黒い煙が・・・。
一気に燃え上がり、消防車がどんどんやってきます!!
不謹慎なんですが・・・アメリカの消防車ってかっこいい!!
そして消防士たちもかっこいい!!


▲長い消防車が次々と道路いっぱいに来ました。映画みたい・・・。

目の前で火災が発生して道路封鎖・・・。
ということは・・・自分の乗る予定のバスはココに来ない・・・。
なので4ブロックほど歩いてやっとバス停発見。
するとこのバス停の先は工事中で、
このバス停を逃すとしばらくバスは停まらないようです。
発見できて良かったぁ!


▲工事中の警告看板。

せっかくバスに乗りましたが、
途中のビバリーセンターへ寄ることにしました。
ここは大きなショッピングモールです。
でも、その目的はショッピングではなく、
フードコートへ行くためです。


▲エスカレーターホール。照明が美しい。

このモールは高級ブランドのショップがたくさん入っている建物です。
なのでその建物自体のデザインも美しく作られています。


▲フードコートの照明。
コート全体のカラーコーディネートがこのような感じです。

各国のファーストフードが勢ぞろいといった感じの場所です。
今回はモンゴリアン・バーベキューを選んでみました。


▲見た目はくどそうなんですが、味付けは薄めで、
自分で具材を選べて、感覚としてはジンギスカン+うどんと言った感じでおいしいです。

満腹になったので、移動します。
バスを待っている間、またまたステキな色の椅子が・・・


▲バス停の椅子もいろいろな種類があります。

そしてふと後ろを見るとアバンギャルドなビルが・・・


▲離れて見てもかなりインパクトのあるビルです。

このあとはメルローズでスケッチでもしようと移動したのですが、
今日は閉まっている店が多いためか人通りが少なかったんです。
そして・・・驚いたことに「For Lease」(貸店舗)の張り紙が貼られた空き店舗が多い!!
メルローズはもしかして近いうちに大きく変貌するのかもしれません。
ちなみに、先日行ったダウンタウンの昔はあまり治安が良くなかった地域は
再開発で高級ブランドの店やおしゃれな飲食店がどんどんできています。
もしかしてロサンゼルスの町自体が変わろうとしているのかもしれません。

ということで、あまり長い時間メルローズには留まらずに、
途中、コピーセンターに昨日出しておいたフィルムを取りに行き、
いつものようにラルフスで夕食を買って滞在先へ戻ることにしました。


▲上がってきたフィルム。ん、なんか、コンパクト・・・
日本は6コマで切るのにこちらは4コマで切ります。

現像を海外でやったのは初めてです。
そして、日本以上に現像をする店は少ないようです。
しかも、高い!!現像料金(24枚撮x1本と36枚撮りx1本)+CD化=約30ドル
でも、一度やってみたかったので、お願いしてみました。


▲ポータブルのDVDプレイヤーも持っていったので、すぐに見れました。

撮ったフィルム写真は後ほど別立てでご紹介しますね。

そして今回驚いたこと、その2。
パールアートでフィニッシャー(バーニッシュコート/ワニス)の
グロス(光沢)を買ったのですが、これが、通常売られている液体のフィニッシャーをそのままスプレー缶に入れたような感じのつくり。
予想では無色透明の細かな粒子(霧状)で噴霧されると思っていましたが、
とても荒い粒が飛んできます。
なので、フィニッシャーを吹いたあとには、壁のようなエンボスが着きます。
う~む。予想とは違う仕上がりだけど、これはコレで面白いのかも・・・。
しばらく使ってみます。


▲前回訪れたときにはマット仕様を使ったので、今回はグロス。
でもなんか成分が違う・・・。

ということで、昨日スケッチしたものに色をつけて、
フィニッシャーを吹いてみました。
発色は良くなって、独特のエンボスが着きます。
かなり離れたところから噴霧すると問題無さそうです。


▲空飛ぶ犬クン。

明日は、こちらの住宅街を歩いて
写真を撮ったりスケッチをしたいと思っています。
それではまた明日。



[コメントを書く]

 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio