Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

春米旅2008-DAY07

今日も朝からいい天気でした。


▲LACMAの向かいの高層ビル

いつものようにバスで移動です。
バス停には本当によいアドボードがあります。


▲映画のアドバタイジングのようです。

今日はLACMAに行くことにしました。
ダリ展を見る予定でしたが、情報の収集ミスで、
ダリ展は先週の日曜日まででした。
なので常設展を見てスケッチを少しすることにしました。


▲LACMAのエントランス。

LACMAなどのコチラの美術館ではスケッチはもちろん、ストロボ無しなら写真撮影もOKの場所がたくさんあります。ただし、企画展や特別展などの美術館が他の美術館から借りてきて展示しているものなどはスケッチはできても撮影は禁止の場合が多いです。


▲LACMAの展示室。壁の色など日本では考えられない構成ですよね。

アメリカのアートはもちろんですが、ヨーロッパ、アジア、中東など世界のアートが集められています。
現在は改装中でこの2月には今の4倍ぐらいの広さの巨大な美術館に生まれ変わります。


▲アジアの展示室。ものすごい数の彫刻です。

アジアやインドなどの彫刻はノートン・サイモン美術館が有名ですが、
LACMAも良いコレクションがたくさんあります。
特にヒンズーの彫刻は見物です。


▲中東の展示室にて。わたしはこのカテゴリーが大好きです。

中東の古代美術はとても美しくキュートな作品が多いです。
今の世の中で売られていても買いたくなるような水差しや金具など
とても参考になります。


▲エジプトの展示室にて。教科書で見たことのありそうな彫刻があります。

エジプトの壁画やレリーフは教科書などの写真やテレビでしか見たことがありませんでしたが、アメリカの美術館で本物を見ることができます。
デザインがとても洗練されていることに驚きます。


▲ヨーロッパの展示室にて。マーブルの彫刻は質感が全く違います。

石膏デッサンというのは形を捉えるためには良いのかもしれませんが、
やはりマーブル(大理石)の彫刻は質感、重量感などの存在感が全く違い、
迫力を感じます。
やはりできれば本物の彫刻をデッサンするべきだと思います。

ひととおりLACMAを回り、昼食ととることにしました。
現在は改装中なのでレストランは営業していません。
ですがキャフェテリアでシェフが炭焼きで料理をするサービスがあり、
そこで食事をすることにしました。
今だけの得点と言っても過言ではないでしょう。ものすごくうまい!!


▲炭焼きハンバーグのLACMA特製チーズバーカー。

お腹がいっぱいになったので、もう一通り作品を見て、
LACMAを後にすることにしました。


▲LACMAのエントランス前にはピストタイプの自転車が。画になります。

LACMAからほんの少ししか離れていない場所にPetersen Automotive Museumという自動車博物館があります。
ここに自動車創世記から未来の自動車までが展示されており、ジオラマやモデル、実車などで本当にたのしく見てまわれる博物館です。


▲60-70年代の車はもうピッカピッカでゴージャスです。

今では考えられないような無茶でキュートな車がたくさんあります。


▲なんだか短いような気もするけど、これくらいがキュートです。

本当に保存状態が良いのと、ハイドロやドレスアップ、スポコンなどの展示もあるのがアメリカってすごいなぁと感じるところです。


▲車好きにはたまらない博物館です。

あっという間に数時間、博物館で楽しんでしまいました。
こういう何かに特化した博物館は本当に楽しいです。


▲この博物館のデザインは展示やロゴ、印刷物や販売品など全てとてもハイセンスです。

ロサンゼルスには何度も来ていて何度もこの博物館の前を通っていましたが、どうせ日本の博物館みたいなもんだろうと思いあえて避けていました。
が、行って見て驚き!ここはオススメのスポットです!


▲すっかり外は暗くなっていました。

博物館を後にして、近くのスーパーで夕食の材料をお買い物。
レジに行ったときに見たことのない35mmフィルムを見つけたので
買ってみました。


▲どんな映りをするんだろう・・・。(欲しい方いますか?)

そしてもうひとつ、このチョコレート菓子がものすごくうまい!
これはココナッツ入りのチョコレートなんですが、
一度食べると止められなくなるので注意が必要です!!


▲ちょっぴりビターな赤とアーモンドまで入っちゃってる青。

滞在先のすぐ近くのお惣菜屋さんでチキンケバブ、混ぜご飯、焼きチーズケーキを買ってきました。どれもものすごく美味かった。焼きチーズケーキは中にグリーンレーズンが入っていてほわーっとしていて甘さ控えめです。
が、どうもこんな食事を続けているためか・・・
ちょっぴり大きくなったような気がします・・・。


▲何食べてもうまい。
これはいいことなんだろうか・・・アメリカ人は大きい理由はコレか?

ということで本日のスケッチ。
LACMAで2枚だけスケッチしました。
今日のLACMAは2時間ごとぐらいでアートトークや解説があり、
そのとなりでスケッチするのはとてもためになりました。


▲ヨーロッパ展示室にて。


▲アジア展示室にて。

そして最後に一つ。
先日はじめてアメリカでフィルムの現像とCD化をしたという記事をアップしましたが、そのときには現像料金(24枚撮x1本と36枚撮りx1本)+CD化=約30ドル
もかかったと書きました。
が、近所のRite Aidでも現像をやっていたので出したところ、
なんと1時間でできて、料金は現像料金(24枚撮りx1本)+CD化=5.79ドル
だったんです!!
ということは以前行った所はボッタクリ!!! しまったぁ!悔しい!!
この金額なら日本よりもかなり安い。
現像済みにフィルムをまとめて持ってきてCD化に出しても良さそう・・・。


▲ちゃんとインデックスシートも付いていて、フィルムの扱いも丁寧です。

さてさて、明日は再びダウンタウンへ行こうと思っています。
資料用の写真をたくさん撮りたいのと、
夜にはティム・ビスカップゲーリー・ベースマンのトークセッションがMOCA(GC)で行われるようなので行こうと思っています。
それではまた明日。


[コメントを書く]

 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio