Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

水筆(サクラクレパス編)

[サクラクレパス製:水筆]
各社から水筆が発売されていますが、早い時期から携帯に便利な分割式の水筆を発売していたのがサクラクレパスです。筆の毛足は長めでやわらかめなのが特徴です。


▲シンプルなデザインで細身のタイプです。

あまり小さすぎると使いにくそうな気もしますが、キャップが柄の後ろに付けれるようになっているので、柄の長さは充分に確保できます。


▲サクラクレパスの携帯用水筆は分割収納が可能です。

このタイプは水タンク専用のキャップが付属していますので、
分割収納した時にもタンク内の水を捨てる必要がありません。


▲サクラクレパスの携帯用水筆は分割収納が可能です。

また、タンク部分と筆部分の接続はねじ込み式になっていますが、サクラクレパスは逆ネジを採用しています。
これは、キャップ部分を取る時に通常右利きの人は時計回りにひねりながらキャップを取ることが多いので、間違えて柄の部分を回さないようにする工夫と言えるでしょう。


▲逆ネジを採用。力ずくで時計回りにまわすと壊れます。

水筆はタンク内の水を毛筆の毛細管現象により筆先へ水を送る仕組みですが、それだけでは絵具が逆戻りした時には、タンク内の水を汚してしまう可能性があります。そこで、各社いろいろな工夫をしていますが、サクラクレパスは筆のまわりにスポンジをレイアウトすることにより逆戻りを少なくする方法を採用しています。


▲スポンジから穂先までの間に筆が見える小窓は、使用時に水が少しだけ溜まるように工夫されています。


[コメントを書く]

 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio