Doodle of EarlyMorningのアーカイブ

よりご覧ください。

Instagramの全てのエントリ

My Instagram Feed (@paintmonster)

夏米旅2008 day06

さぁコミコン2日目です。今日は7つに分かれているうちの半分は回りたいなぁと思っています。

今日も快晴。カラッと晴れています。



そういえば会場の昼間の外観を紹介していませんでしたね。
こんな感じです。



まずは腹ごしらえ。
毎年コミコン期間中はRalphsに通います。
というのもここのDeliがすばらしくうまいんです。




昨年食べてうまかったチキンとベーグルサンドを食べました。
やはりうまい!
日本のお惣菜やさんもこれくらいがんばってくれたら自宅の台所は要らないのになぁ・・・。



今日も再びいろいろなアーティストたちとアートトレードです。
まず最初に行ったのが、JFH(justice for Hire)を描いているRojo。
歩いているといきなり粉末ジュースのパックを渡されて、
飲め!と言われました。
一見コワそうなので、サングラスをして言われたときには、逃げようかと思いました。



つづいては「Who is Rokcket Jonson」というオムニバスコミックを作った7名のアーティストたちです。彼らはDrawingBoardで知り合った
気の合う仲間たち。
とてもキレイなグラフィックのコミックです。
もしかしてポストFrightComicなのかも!
「次回はマーティも誘うね!」と言われました!!まぁアメリカ人のノリなんで話半分で・・・。でもうれしいですね。



つづいて、Inner Workingsというアートブックを出したBob & Dave。
コンパクトながらしっかりと編集されていてとても好感の持てる本です。
WAOのアートワークをとても気に入ってくれて、次回は僕らもこんな風にアレンジしたいなぁ・・・などと褒めてくれました。ありがとう!!



つぎはOogeley Boogeley 3というアートブックを出したPascal Campion。
とてもキュートでクリエイティブな作品を作るアーティストで、ワイドフォーマットが得意です。テクニック的な話をずいぶんできたので、お互いに良いトレードになりました。



ニューヨークのアーティストで元DCの契約アーティストのAlberto Ruiz。
毎年彼に会うのは楽しみで、彼もそう言ってくれます。娘のMeganも小学校のときから一緒にコミコンへ来ているので、中学生の今ではすっかりアーティストとしてお父さんの財産を受け継いでいます。すばらしい!!こんなかっこいい親父になりたいもんです。



午後3時半からレジンキャストとモルド(型)のテクニック・カンファレンスがあるので、2階へ移動。
一番端の部屋まで5分ほど歩いてやっとたどり着きました。
この会場には列車の駅が2つもあります。そのくらい広いんです。
その途中でバットマンとジョーカーに合いました。映画を撮り終えたので少し太りましたか?




スタートレック・ボイジャーやショートサーキットなどの劇中で使用する機体や小物などを製作しいるJeff BrozとSam Girgisによるレジンキャストと型のテクニック公開。





これらを見て「すげぇ!」と思った方はぜひご連絡を!!いろいろ話をしてみたいです。私は個人的にはこの2時間がとても面白い内容で、国が違うと方法や素材が違うもんだなぁと感心してみていました。



会場には約200名ぐらい集まったようです。
カンファレンスが終わり、センターコートへ。ここではポートフォリオ・プレビューというのをやっています。



これは、自分の作品やスケッチを出版社に売り込むための場所で、自分の専門分野と合いそうな企業があれば、朝早くから並んでプレゼンをできます。でも、ちゃんと用意をしていないと数秒で「NEXT!!」と言われプレゼン終了となってしまいます。



ふたたび1階へ。おぉ今日はコスプレさんたちがずいぶんと来ています。
セクシーなピカチューもいます。



ここへ来ている目的のひとつに、立体の流行を見るというのもあります。
やはりアメリカではスターウォーズは絶大な人気があり、スターウォーズ関連商品は膨大なお金を生んでいるようです。



今年はシンプソンズ関連のブースや商品も多く、明後日にはシンプソンズのクリエーターによるカンファレンスも開催されます。



最近少し勢いが無くなったなぁ・・・と感じていたKidRobotのブース。
今年は新しい商品を積極的に扱って、なんだか元気が出てきているような気がします。



常に新しいアートを積極的に取り入れているロサンゼルス・メルローズにあるMunkeyKing。こちらのブースではプリントとアートトイの両方を展示。金魚をモチーフにしたトイが注目を浴びていました。



そしてそのすぐ近くにはTimBiskupのGamaGoブースが。
こちらはアパレル中心でしたが、かなり人気があり、どんどんダンボールを開封していました。さすがこちらでは彼のアーツが大人気です。



こうして立体関連のブースをほかにもたくさん見て歩きましたが、今年は日本のキャラクターが多いのと、キャラクターデザインが、劇画的なものからスマートでキュートなデザインのものにシフトしていました。これは昨年もチラホラ出ていた傾向なのですが、今年はさらに色濃く出ています。

午後7時になり会場がしまったので外へ。
あたり夕焼け空です。



MTS(サンディエゴのメトロ)の脇を歩いていると・・・
あたりには似合わないスカルプチャーが・・・



こちらで来週末公開のMUMMY最新作のプロモーションでした。
今回はかなり面白そうですよ。時間があれば見に行きたいなぁ・・・。



本日の収穫はこちら。WAO4はB4ハードカバータイプのスケッチブックとも対等でトレードできるようです。よかったぁ!!



ということで本日のレポートは終了です。
明日は端まで見れればいいなぁ・・・。

[コメントを書く]

 

Copyright(c) : Marty M. Ito and PaintMonster ArtStudio